[ 韓国整形コラムー目の再手術#9 ~手術が必要なケースと病院選び~]

[ 韓国整形コラムー目の再手術#9 ~手術が必要なケースと病院選び~]

目頭、目尻切開手術の結論についてお話したいと思いますえへグッド

目頭/尻切開の再手術は、個人の状態によって費用にも差があり、手術法方法も変わってきます。

むき出しの程度がひどい場合、復元手術をしても完全な自然さを取り戻すのも厳しいことがあり、1回目の手術で組織が安定する6ヶ月が過ぎ、新しい皮膚が再生されるのを見て、2回目の手術をするか、復元手術ができるのかどうか決まるように、何度もやり直しのできる部位ではないことは確実です。

 

 

最初の手術で、本人がどんな手術方法を選択するかによって皮膚の切開量にこだわることができるため、時には、皮膚の切開が多ければ再手術も復元手術も難しくなることを頭の端においておいて、手術をしなければなりません。

 

再手術では、目の形自体を変えないといけない手術をすることもあり、再手術が可能な場合、復元手術が可能な場合あります。

これは、残っている組織がある場合可能です。とにかく1回目の手術で、欲を出しすぎないほうがよいということです。(1回目の手術で成功すれば言うまでもありませんが・・・)

 

目頭/目尻切開を正確に言うと、目頭/目尻の再建または復元と言えるのだと思います。

 

目頭/目尻切開後、眼球に関わる疾患がわずらったり、眼球のむき出しがひどい場合、優先的に復元手術を考えなければなりません。

目頭/目尻手術をお考えになっている方は、必ず自分の目に必要なのかどうかを専門医と相談し、決定するようにし、無理に大きさばかりを追求する良くは捨てて、自分の安全な範囲内で切開をしなければなりません。

また、目尻切開の場合は、ほとんどの医師が積極的には進めてこないでしょう。

病院選びのときに、このような目尻切開の危険性と後遺症などをまず十分に知らせてくれるようなところを選ぶようにし、手術前に目頭/目尻切開に関連した細かいカウンセリングと多様な手術ケースがある病院を選ぶようにしないといけません筋肉

やたらと手術を勧めてきたり、「100%後遺症はありません」と言ったりする医師は信用しないほうがいいでしょう手

 

 

目の周辺の皮膚は、大変薄く他の部位より敏感です。顔をぶつけた際でも目元にあざがあできるのはなぜでしょうか?それは、目の周辺の組織が弱いため、あざや腫れが一番初めにはじまるところを意味しています歩く

目頭/目尻切開手術は、弱い目の組織まわりの一番危険順位が高い結膜と粘膜を切り、縫合する手術である分、一度失敗すると再手術も難しくなってしまいますあせ

そのため、よりくわしく情報収集をし、1回目の手術で成功しなければなりません。情報収集の一つの手段として、このコラムを参考にしていただけるとありがたいですニコニコ

 

By |11월 16th, 2015|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE