[韓国美容整形コラム]医院VS病院

[韓国美容整形コラム]医院VS病院

韓国整形ツアー/韓国整形通訳のVAVICOですvavico
今日の美容整形コラムは、「医院VS病院の差」です泡

整形にくわしい整形専門家の方であればご存知の内容だとは思いますが・・・キラキラ0310

整形外科専門医と言えば整形外科で研修医をし、その科目での専門医を習得した人で、医院ではその専門がない医者がいることでは?と認識されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

韓国で整形の仲介をさせていただいているVAVICOですから、お花整形専門家お花であるVAVICOは、もう少し分析してみましたそうだ!

この記事を読んでいただければ、整形についてまだよく分からない方でも韓国の美容整形の激戦区の江南整形医には負けないくらいになれるはずですスマイルうなずき0310グッド

1. 医院 vs 病院の差

まず、医院と病院の差について知っておかなければなりません。

韓国では、入院ができるベッド(病室)が30床以上ある場合を病院で、それ以下は医院という基準になっています。

また、入院室がない、入院室が30室以下の場合医院と定義しています。

なので、OO病院とOO医院は、その整形外科に専門医がいるのかどうかは関係なく、病院の規模を表すものだと思ってください。

例えば、街を歩いてみると○○歯科医院と書いているからと言って、専門医ではないみたいだなと判断をしてはいけません焦る

専門医であることには変わりはなく、単に病院の規模のために、○○歯科病院としていないだけなのです。

(医療法のために何だか勘違いしやすいです・・・日本医療法もややこしい部分は似ていますね。)

001

치과의원/歯科医院と書いてますが、専門医がいないという意味ではないんですよきらきら!! 

002

치과병원/歯科病院。規模が違いますね

2. 一般医 vs 専門医の差

一般医は、医大を卒業して、国家試験に合格した人のことを指します。

一般医だけになっても、医療行為は全て行えます。

ですが、韓国では一般医だというとあまり実力を認めてもらえないので、何かの分野の専門医になろうとする人がたくさんいます。

専門医になるには、4~5年ほどの間病院での実習が必要になります。

1年はインターンとして病院の様々な科を回り、特定の専攻課程を決めて、レジデントを4年(家庭医学科は3年)します。

それら全てを終えた後に専門医の試験を受け、合格した人が専門医になります。

整形外科に一般医と専門医の区別を簡単にする方法があります。

病院の看板を見れば、すぐに分かることができます。

OO整形外科+ (医院 or 病院)は、整形外科専門医がいる病医院(病院もしくは医院)になります。

 OO医院 整形外科+ 診療科目(これを小さく書いていることが多い)整形外科だと書いてある病医院は、整形外科が専門ではない一般、もしくは他の専門医や一般医がいる病医院です。

また、医院がついているついていないの差ではなく、医院がどこに書いているのかが重要なのです。

例えば、「OO内科」 もしくは、「OO内科医院」は、内科専門医の医院です。

しかし、「OO医院 内科」もしくは、「OO医院 診療科目 内科」 このように書いている場合は、内科の専門医ではない医院です。

では、実際の看板を見てみることにしてみましょうビックリ

003

これは、整形外科専門医がおり、その方は皮膚科は一般医としての診療になりますとのことです。

※성형의과/整形外科

※피부과/皮膚科

004

ここは、院長先生が内科の専門医で、皮膚科と耳鼻咽喉科を診療科目として追加されています。

※내과/内科

※이비인후과/耳鼻咽喉科

005

ここはすごいです。ここは院長先生が一般医。

整形外科、皮膚科の専門医でもなく他の診療科目の専門医でもなさそうです。

医院という言葉をこういうふうに小さく書くのも本当は法的にはよくないんですけどね。

006

ここは、まだましです。先ほどの病院と同じパターンですが、正確に表記しています。



007

ここは、整形外科の専門医がいます。

比較的に正当な看板ですが、専門医たちは患者さんがこれらの知識を知らないのではないかなと思い、医院という言葉は避けているようですね。

3. 結論

整形外科専門医 vs 一般医 上記の知識だけでも良い整形外科の院長先生を選ぶことができるようにもう少し詳しく話してみますね。照れる

次の例を見ていただければ、どんな院長先生を選べばよいのか参考になるかと思います。

初めに説明をさせていただいた病院VS医院、専門医VS一般医については、認識だけしていただいて、整形外科専門医であれば信用できるのか?、上手なのか?については全く違う問題なのです。

—整形外科専門医と一般外科専門医の違い—

整形外科専門医はどんな人たちなのか、お分かりになられたと思いますが、OO医院であっても整形外科の専門医より優れた医師がいるのです。

それは、一般外科の専門医たちです。

彼らは、○○整形外科という看板をかかげることはできませんが、多くの場合、整形外科専門医より優れているのです。

病院に携わるお仕事をされている方はご存知だとは思いますが、本来、整形外科は一般外科から分化されたもので、一般外科の医者たちが整形外科で行う手術は、元々行っていたものとかわりない手術です。

一言で言うと、一般外科専門医は整形外科専門医が行う全ての手術を行うことができるということです。

美容整形については専門医の資格を取って、経験を重ねていくことが重要です虹(そうではないと否定する先生はいないと思います^^;)

例えば、豊胸手術をするとして・・・

整形外科専門医で、豊胸手術について10数件ほど、一般外科の専門医で豊胸手術について500数件の経験があるとしたらみなさんどちらの先生をお選びになりますか?

病院のカウンセラーさんが自分の院長が整形外科の専門医で、すばらしいと言いながら心の中では少し申し訳なく思ってるのではないでしょうか。汗2

— 結論の結論—

江南整形に詳しいの専門家たちは、専門医なのか一般医なのか実はそう大きくはこだわりません。

これまでに述べてきたことについては、みなさん経験上知っていることなのです。

整形専門家たちは、知人たちの評判や実際のどれほど手術ケースが多いのが、自分の希望と合っているのかなど、徹底的に検証して整形外科を選びます。

専門医の中でも医師としての心構えがよくない先生もいるし、一般的な先生でも心構えが素晴しい先生もいます。

これは、実力の差とは別に、患者のためを思っているこそ、より綿密に手術をしたりアフターケアもきちんとよくしてくれたりすることができるのですハート

By |8월 20th, 2015|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE