[韓国整形コラムー目の再手術#1~二重まぶた形成~]

[韓国整形コラムー目の再手術#1~二重まぶた形成~]

整形手術の部位で一番多い目の手術

手術も難しくなく仕上がりも随分自然になってきてめずらしい手術ではなくなってきました

その分、再手術をされる方が増えていることも事実です。

また、顔の印象を大きく変える効率的な手術でもあります。

캡처q

目の整形をされた方の傾向を見ると、自然な印象であったり、とにかく大きくと2つに大まかに分かれ、ほとんどの方は自然な仕上がりを求められますが、最近は、人工的でもきれいな目になりたいという方が増えてきました。

 

 

基本的な二重まぶたの手術(埋没法vs 切開法)

 

 

1.埋没法

<切開のように完全にメスを入れてしまうのではなく、ポイントをつかむというのが埋没法>

캡처w

韓国で、一番多くの方が望む埋没法。

一部の日本のサイトでは、韓国には切開法しかないと書いているところもありますが、決してそうではありません。

埋没法は簡単で、費用もそこまで高くなく、回復期間も早いため、たくさんの方が好む手術です。

しかし、その分ラインがとれてしまうことが難点なので、その心配を避けたい方は、切開法を望まれる方が多いです。

たくさんの方が、二重のラインが数年後にとれてしまい、結局切開法を選ぶ方がたくさんいますが、個人の瞼の状況によって、埋没法の方がいい方もいらっしゃいます。

 

 

2.切開法

<切開して、縫合するのが切開法>

캡처es

切開法は、30代の前半で再手術で一番選ばれる手術です。

埋没法で簡単に変化を成し遂げられたものの、ラインが切れたり、よりお人形のような美を望まれたりする方は、初めから切開法を望まれるようです。

昔は、年齢を重ねて、ラインが消えてしまった方がする手術というイメージでしたが、最近は小中学生から使うアイプチの後遺症で瞼がのびきる症状のため、学生の方でもたくさん受けられる手術でもあります。

最近では、切開法も思ったよりたくさんの方が受けられ、整形外科の医師たちの医師も発達してからか、切開ラインがわからないくらい、仕上がりも随分自然になってきました

しかし、切開法は、回復期間が長いという致命的な弱点があるため、なかなか自由に休みの取れない、学生、社会人には、受けたくてもなかなか受けられない手術として知られています。

By |9월 9th, 2015|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE