[ 韓国整形コラムー目の再手術#6 ~目頭切開の手術法]

[ 韓国整形コラムー目の再手術#6 ~目頭切開の手術法]

目頭/目尻切開は、いくつか切開方法があり、病院ごとにもちがってくるため、これという答えがありません。

手術を受けられる方によって違いますし、再手術だとしても1回目の手術と同じや似た方法でする場合もあれば、復元手術後経過によっては、目頭/目尻切開もすることがあります。

目頭/目尻切開を初めてされる方や、よくこの手術について知らずに受けるよりは、情報を収集しておいたほうがいいかと思います。

 

人体は、再生効果があるために、この再生を食い止めるのが目頭/目尻切開手術のカギになります。

 

手術を受ける人の構造や様々な条件によって手術法が変わります。

 

目の前後を切った後、縫合するのが基本的な手術法です。

 

1.目頭切開の方法と種類

캡처mega

 

アイシャドウ1つ目の方法

半月型に皮膚を切開した後、縫い合わせる方法です。

目を内側につかんで引っ張る効果」があるため、目が横に大きくなります。
初期の目頭切開でたくさん取り入れられた方法ですが、傷跡が残る確率が多く、再び蒙古ひだを整える必要が起こる場合があります。

 

アイシャドウ2つ目の方法

Zの形に(Nと見る人もいます)で、切開をしたラインに沿って、縫合する方法です。

二重まぶた形成手術と一緒に目頭切開手術も多くする最近では、必要な二重まぶたを作るには限界があるため、単独施術する場合があります

 

アイシャドウ3つ目の方法

Wの形に皮膚を手前に引っぱて縫合する目頭切開手術方法です。

多く使用されている方法のうちの一つで三角フラップを作り、前に引き寄せるので蒙古ひだがひどい場合に適用される場合が多く、平行の二重まぶたを作るときに並行されている方法です。

*フラップ:皮膚版

 

アイシャドウ4つ目の方法

W字型切除と同様の方法で、切開をして、肌を鼻に向かって引っ張りながら縫合し、上下の皮膚を内側に縫合する方法で傷が少なく、最近最も多く使用する方法です。

 

この他にも目頭切開手術に種類は多様で、病院ごとに、手術方法が異なるため、カウンセリング時にどのような方法で手術するかどうかチェックしておくことをお勧めします!!

目頭切開は、図のような方法で縫合できるように行われています。


캡처meji

By |11월 6th, 2015|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE