鼻の美容整形

一般的に鼻は横顔を美しくする美容整形と思われがちですが
VAVICOで追求する鼻整形、は正面から見ても美しいと思えるシックで洗練されたイメージの鼻のラインです。

団子鼻

ぺちゃっとして 大きい鼻先。

鼻先がぺちゃっとした原因は、鼻先の軟骨の成長の遅れです。
またその上に、脂肪及び軟部組織が多いからです。
鼻先がぺちゃっとして大きい場合、鼻先の脂肪を取って軟骨を利用して
鼻先を上げてすっきりした鼻にすることができます。

低い鼻

アジア人の特有の低い鼻を高くして
ツンとした綺麗な鼻にする手術法です。

お客様の顔をバランスのいい形にする鼻の高さと形をデザインしてプロテーゼのタイプを決めます。
鼻の中を切開、鼻柱にはお客様に適合したプロテーゼを挿入して
鼻先の自己組織を利用してナチュラルな形に仕上げます。

ワシ鼻

きついイメージを愛らしいメージに

わし鼻手術は、鼻筋の骨が突き出している鼻をすらっとした鼻筋に矯正する手術です。
鼻筋が高く盛り上がった程度によって削って取るか接骨して取るかが決まります。
わし鼻の手術は、繊細さと高いスキルが求められるので
必ず手術経験の多いドクターから手術を受けなければなりません。

曲がった鼻

曲がった鼻の矯正は、鼻柱が曲がっているか、左か右に傾いている状態の鼻をまっすぐに矯正する手術です。
鼻が曲がった原因とその程度を診断して鼻の骨の両側を接骨して矯正します。

軽度の鼻の曲がり具合

曲がっている鼻の骨の両側を接骨します。
外側に曲がった側にある骨は内側に、内側に曲がった鼻は外側に移動させます。

重度の曲がり具合

少し曲がって出ている部分は削り取り、曲がって入った部分はプロテーゼを整えて挿入します。
曲がった鼻の整形は美容的な部分だけでなく
曲がった鼻が原因で生じる鼻炎、ちくのう症、鼻づまり、頭痛などの問題まで解決できます。

下を向いている鼻

下に向いている鼻先を矯正することで、綺麗な鼻になる
鼻先が下に向いているか、下に向いていて鼻が長く、まるで矢先のような形をしている鼻を矯正する手術です。
下に向いている鼻先を矯正することで、綺麗な鼻になり顔のバランスを取れます。

鼻の中を切開して鼻先の軟骨を一部切除して上に結びます。
自己軟骨を支持台とし利用して鼻先をちゃんと支え、施術後にまた下を向かないように形成、再発を防ぎます。

小鼻縮小

地味なイメージから綺麗なイメージへ
(요기는 사진안들어가요)
両側に広くなった小鼻を縮小させる手術です。
小鼻の皮膚が厚い場合、小鼻の両側の下にある皮膚を切除します。
この手術は、鼻の穴が大きく見えたりに鼻が低くて地味だったりするイメージを美しく改善できます。

小鼻の皮膚が厚い場合(皮膚組織を縮小する方法)

小鼻の両側の下にある皮膚を切除したあと縫合し、小鼻を狭くします。

小鼻の皮膚組織の量が少ない場合(鼻の内側を結んで縮小する方法)

鼻の穴の下を薄く切ります。
それから縫合する糸で両側の鼻の穴を糸で結んで真ん中に移動させます。

鼻の再手術

正確な原因と症状を診断して、確実な満足を

鼻の美容整形をしてから発生した、様々な問題と美的、機能的な不満足により
鼻の形を変更したい場合に行う手術です。

鼻の再手術ができる時期

一般的には鼻の美容整形を受けてから、6ヶ月が経ってから再手術が可能になります。

鼻柱を高くする隆鼻術をしたケースでしたら、手術3ヶ月後でも再手術ができますが
ほとんどの鼻の美容整形は6ヶ月を過ぎて、損傷組織が安定してきます。
また、場合によっては再手術ができる時期が異なるので専門医との正確なカウンセリン必須です。
専門医との正確なカウンセリングは2次、3次の再手術を予防することができます。

1.傷跡痕の赤い色が消えた時
2.傷跡が固くなくて、柔らかくなった時
3.炎症が生じた場合には、炎症が完全に治療された時

タイプ別による鼻の再手術の方法

鼻が不自然なケース

お客様の顔のバランスを考えて、額からあご先まで綺麗なラインを引く鼻にさせることができるように
再手術をします。元々あったプロテーゼを取って、新しいプロテーゼに変えて鼻先には自己組織を使います。

炎症による構築現象によって鼻先が短くなったケース

鼻の中にある傷跡の組織を取り、皮膚を含めた軟部組織を広く剥離して皮膚が充分に伸びるようにします。
手術前にデザインされたプロテーゼを挿入して鼻先が作り、鼻先が上がらないように固定します。

肌が薄く、プロテーゼが透けて見えるケース

プロテーゼを挿入する所を皮膜より、さらに深い方に変更します。
プロテーゼの代わりに自己真皮脂肪出を利用することもいい方法です。
もし、自己組織が手術に適切でない場合には、刺激の少ない薄いプロテーゼに変えます。

鼻先が上向きに見えるケース

中央にある鼻骨が左右の偏りがある場合には、どれだけプロテーゼをまっすぐに挿入しても曲がっているように見えてしまいます。
この場合には、鼻骨の中央をまっすぐ接骨してプロテーゼを挿入します。

プロテーゼが鼻柱で間違ったところにある場合には、それを取り、プロテーゼが挿入される部分をまっすぐ整えてから
プロテーゼを入れます。

 

鼻柱が高すぎるか、低すぎるケース

鼻柱が高すぎるケースは、顔全体のバランスと鼻の形に合わせてプロテーゼを低いものに変えます。
鼻柱が低くなったケースは、プロテーゼが挿入されているスペースを広げるか、他のスペースを新しく剥離してお客様の顔のバランス、額から顎先まで綺麗に繋がる鼻のラインを考えてプロテーゼのサイズを決定して変えます。

By |9월 23rd, 2014|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE