輪郭矯正

輪郭矯正

VAVICO輪郭矯正
 
本来のフェイスラインを活かして、整える整形!
小顔になって、美しさに格差をつけよう!

顔の全体的な輪郭を整え、小さくてなめらかなフェイスラインを作るフェイスライン手術
エラが張っているのを改善、または大きい顔を小さく、シャープな顔を作ります。

輪郭矯正
美しい顔の形を形成するためには顔の横幅を小さくする
頬骨手術、えらの手術、上顎手術などの輪郭矯正手術を行います。
輪郭矯正手術は、ただ多量の顔の骨を削り取るのではなく
お客様の顔の形に合わせて、自然で美しくなれる顔の骨の形を決めることが重要です。


頬骨接骨術

a1a2

口の中から切開した後、横の頬骨の一部を切除します。
アーチ型の骨を接骨して頬骨を奥へ引っ込めます。
接骨された骨をしかりと固定させます。
頬骨は咀嚼筋(そしゃくきん:下顎骨の運動に関わる筋肉)と繋がっているので
手術中には軟部組織のを考えて、しっかりと固定します。



頬骨切削術(削り取る手術法)
頬骨がそれほど出てない場合、頬骨の表面を削り取って頬骨の高さを調節する方法です。
image



エラ骨縮小
エラが張っていると顔が大きく見えてしまいます。また気が強そうなイメージにや老け顔に見える原因になります。
顔全体のバランスを取ってエラを小さくすれば、エラの張りが目立たなくなり、
顎のラインを矯正して、シャープなフェイスラインへ変わることができます。

 


01. T接骨エラ骨縮小術
a3
横顎から前顎までの顎骨が広いケース
エラ骨と顎のバランスを取って前顎骨をT字型に接骨します。
 


02. 長い曲線エラ縮小術
a4
顔面骨をエラ骨から前顎骨まで長く切除すると、二重顎を改善することができます。
また、顔の横ラインが綺麗になれる効果を得られる手術です。

03.皮質骨(外側)切除術
a5-1
顔の骨は3段構造でできています。
皮質接骨術は3段でできている骨の一番外側の骨を切り取り
骨を細くして顔をシャープにさせる手術です。
この手術法で効果的な結果を得るためには長い曲線のエラ切除術の実行が必要です。
 

04.小顎症手術
小顎症手術は顎が小さい場合、下の顎を切開して前へ出し、
足りない部分はプロテーゼを使って顎を形成する手術です。
 


顎先整形術(顎先を前に出す施術)
前顎骨を図のように切断させ、下の骨の部分を前へ出したあと
移動された位置から固定装置使い固く固定させる方法です。
自分の顎を利用して顎のボリューム感を出して、理想的な位置へ顎先を移動させます。



小顎症手術(プロテーゼ)
小さい顎を前に出せるためにプロテーゼを挿入する手術法です。
 


頬骨手術に向いているケース
頬骨が横に広くて顔のラインがフェイスラインが凸凹している
よく気が強うそうと言われる
歳のせいで頬骨が出ている
頬骨が出ているせいで老け顔に見える
頬がげっそりしていて、落ち込んでいる など。



							
By |9월 24th, 2014|韓国整形コラム|0 Comments

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE