専門通訳を選ぶ必要性

専門通訳を選ぶ必要性
どんな通訳士を選ぶ必要があるのでしょうか。

通訳実力

日本語/韓国語の実力はともに兼ね備えてあるか?

整形知識

美容整形についての知識は豊富であるか?

手術/施術経験

意思疎通、伝達能力はあるか?

伝達能力

お客様と内容を随時確認しているか?

細かいチェック

こまめに連絡をしているか?

通訳の経験

分野別の医療通訳の経験はあるか?
最近、韓国で手術を受けられる外国の方が、日本のお客様を含めてたくさんいらっしゃいます。
何と言っても言葉の壁を乗り越えるには通訳が必要になってきます。
通訳を頼む場合、韓国語ができる知人、韓国に留学中の知人、専門に通訳をしている人、病院の日本人コーディネーター、仲介業者の通訳、個人で医療通訳を行う方など、たくさんいるかと思います。

その中からどの人に通訳を頼めばよいのか?

一番大事なのは、自分が手術を受けようとする施術/手術について全てを把握して正確に医師に伝え、医師の言う手術方法や手術の限界、手術の効果を正確に患者に伝達することができる人です。
何と言っても言葉の壁を乗り越えるには通訳が必要になってきます。通訳を頼む場合、韓国語ができる知人、韓国に留学中の知人、専門に通訳をしている人、病院の日本人コーディネーター、仲介業者の通訳、個人で医療通訳を行う方など、たくさんいるかと思います。

単純に日本語と韓国語ができればよいのではないか?

日本語と韓国語を流暢に話す人でも、医療通訳となれば違ってきます。
医療用語や医療的な知識、経験も必要になってくるためです。

例えば、鼻の手術をする時に「비중격 연골」という言葉がよく出てくるのですが、この言葉を韓国語そのまま日本語に直して、「鼻中隔軟骨」と言うことは簡単なことです。しかし、一般の方が、「鼻中隔軟骨」と聞いてもぱっと浮かばないのではないでしょうか?「鼻中隔軟骨」という医療用語を、理解しやすい言葉で伝達しなければなりません。通訳をする人が、どれだけ正確に分かりやすく伝達するかによって、通訳の質が変わってきます。

また通訳は、意思疎通の達人でなければなりません。

適度な高さ、綺麗な形、自然な姿などなど・・・このような言葉は、人によって基準が違うため、このような抽象的な表現をどのように具体的な言葉にしていくかのため、お客様との十分な連絡~事前打ち合わせでつくっていきます。言葉での表現が難しい場合は、写真、イラストなども使いながらお客様の望むことをしっかりつかむため、手術前から手術後も継続して、コミュニケーションが必要になってきます。

まめな通訳士でないとなりません。

メール、LINEをチェック、事前打ち合わせをしてチェック、手術直前の再びチェック・・・などをしてカウンセリング内容をお客様と通訳士の捉え方が同じであるか、しっかりとチェックしなければなりません。ちょっとの過ちで、一生を左右するであろう美容整形なので、連絡や伝達を怠らない通訳でなければなりません。
VAVICOの専門通訳を見る

韓国での美容施術/手術の通訳は、VAVICOにお任せください。

NAME

LINE ID or E-mail Address

MESSAGE